<< おんせんマルシェ! | main | ナツノオワリノオーダー >>

おんマル、乾杯


夏空と共に、篠山へ。

昨日は、こんだ薬師温泉ぬくもりの郷でのおんせんマルシェ。
山の中の広々とした敷地に着くなり、今すぐにでもひとっ風呂浴びたくなりますが、我慢我慢…まずは搬入。



いつもは、玄関前でのマルシェだそうですが、tsuruyaは試着などの都合上、館内での出店に。
案内されたところは、なんとまぁ、こんだ薬師如来様のお隣




温泉目的のお客さんなのでどうなるかと思っていましたが、温泉という場所柄か、お客さんがリラックスしてゆっくり歩いているので手にとってもらえることも多かったです。
これまた温泉の特性か、年齢層もやや高めでしたが、やっぱり女子は何歳になっても元気です。
「こんな柄好きやわ〜」と言いながら鏡を見るご婦人たちの様子は若い女の子と変わりません。
「いやッ、これ、私に似合うんちゃう、ちょ、ちょっと、お父さんー!」そして、黙って財布を差し出すお父さん…

ツル便りを見て、三土市のお客さんが「あの時買い損ねたから気になってて…」とわざわざ来て、タイパンツを選んで帰ってくれたり…。
ほんとうにありがたいです。


そして、そして、出店も無事に終わり、待ちに待った温泉タイム!!
広々とした空間で、山と空を見ながらの露天風呂。
丹波石や丹波焼を湯舟や床にも使っていたり、丹波の黒豆を使った地ビールがあったり…豊かな丹波ならではの温泉で、ほんとうに気持ちのよいところ。
帰り道、「いいお湯やったなぁー」と上の子が呟いていました。

おチビ2人を連れての出店で、主催者の方や温泉のスタッフの方、出店者のko-maさん、VegeMerryさん…みなさんに子守りしてもらい、お世話になりました、ありがとうございます。





今回のご褒美(←またか!)
ko-maさんのガラスのクラゲと、丹波地ビール!

こんだ薬師温泉、いい湯、いいとこ、また行きたい。
ぷはぁ〜

at 22:06, tsuruya349, 展覧会、出展

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://info-tsuruya.jugem.jp/trackback/86